監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明

バイナンスのBTC準備金は100%以上、監査企業が証明

監査企業のMazarsが、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のビットコイチン(BTC)準問題ないことを証明したと発表した。

Mazarsの発表によると、バイナンスは2022年11月22日 23:59:59 UTCに、ビットコイン資産保有の総保証金と総負債のスナップショット、「残高証明(Подтверждение резервов)」と「債務証明(Подтверждение обязательств)」の検証を行ったという。

その結果、バイナンスの管理する範囲内の資産が、プラットフォームの負債総額の100%を超えていることが確認されたとのことだ。バイナンスの顧客のビットコイン残高は575742.4228 BTCで、担保比率は101%であった。この監査結果は、バイナンスが11月25日に発表した資産保有率と一致している。

バイナンス は 11月 25日 、 準備金 の を 証明 する 「プルーフ オブリザーブス オブリザーブス (доказательство резервов: por)」 リリース を 発表 し て た。 システム は バイナンス が 全 から の 預かり 資産 に対して システム は バイナンス 全 ユーザー の 預かり 資産 に対して この は バイナンス 全 ユーザー の 資産 に対して1対1以上の準備金を保有していることの証明を行うためのものだ。

またこの発表とあわせて、バイナンスが保有するビットコインの準備金状況も公開されていた。11月22日23:59(UTC)時点において顧客の純残高が「575,742.4228BTC」であるのに対し、オンチェーンリザーブで「582,485.9302BTC」の資産が確保されており、ビットコインに対する資金の保有割合は101%であると報告されていた。

関 連 ニ ュ ー ス

バイナンス、準備金を保有証明する「Proof of Reserves」リリース

バイナンスが日本参入、国内取引所SEBC全株式取得、元クラーケンジャパン千野氏が代表取締役

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機㫫

バイナンス が 暗号 業界 復興 ファンド ファンド ((に 10 億 ドル 、 ポリゴン ポリゴン ((、 アニモカ 、 アプトス (apt) も 参加 予定

【解説】FTX破産と今後の暗号資産市場(генеральный директор HashHub 平野淳也)

Ссылка:Мазар
изображения : iStocks /b14ckминус
デ ザ イ ン : 一 本 寿 和

Источник: https://www.neweconomy.jp/posts/281889